Skip to content.
Japanese colleagues at work

第三者リスクの管理

第三者は不可欠なビジネスパートナーですが、組織が直面するリスクを高めることもあります。

始めましょう
male and female coworkers chatting across their laptops

第三者リスク管理における一般的な課題

すべての組織と関連する第三者は、労働法、プライバシー法、規制要件を遵守し続ける必要があります。遵守しない場合、重大な罰金、法的責任 、評判の悪化のリスクが生じます。第三者リスクの管理は、オンボーディングプロセス中のデューデリジェンスから始まり、取引関係全体を通じてすべてのリスク領域の継続的な監視を含む必要があります。  

第三者のリスクは、これまで以上に自社リスクになりつつあり、パートナーが適用規制と制裁を遵守し、組織のビジネス価値観に沿っていることを確認することは複雑な作業です。数十社、数百社、さらには 数千社ものパートナーが存在する場合、第三者リスクを効果的に管理するには、一貫した管理とコンプライアンスを達成するための自動化が必要です。

NAVEX One で第三者リスクを軽減

NAVEX One ガバナンス、リスク、コンプライアンス情報システム(GRCIS)を使用することで、取引関係の間および前後に取引相手の詳細を把握し、規制や制裁を支持し、変化を管理できます 。また、ベンダーが IT 運用をどのように管理しているかを理解し、貴社に対しセキュリティ違反を引き起こさないようにすることが重要です。 

NAVEX One が第三者リスク管理のコントロールにどのように役立つかをご覧ください。

オンボーディングの簡素化

手作業のステップを排除し、新しい第三者のオン ボーディングを行う際に最初のリスクを理解します。

継続的なスクリーニングとモニタリング

第三者のステータスが変化した場合に リアルタイムのレピュテーションアラート でリスクを検出し、警告を受け取ります。

オーナーシップを識別する

第三者の実質的支配者   のリスクを判断します。

デューデリジェンスの強化

第三者と関わるかどうか、そして第三者を最適に監視・管理する方法についての洞察を得ることができます。

ESG コンプライアンスの把握

コンプライアンス、環境、社会、ガバナンスの実践に対する第三者のコミットメントを認識します。

サプライチェーン健全性の確認

第三者の運営方法、貴社データの保護方法を監視し、取引関係全体を通じてコンプライアンスを確認し、違反リスクを低減します。

すべてのリスク領域をカバー

IT、運営、財務、評判リスクなどのさまざまなカテゴリーにわたる第三者のリスクプロファイルを判断するための完全なリスクスコアを表示します。

中止の計画を立てる

ビジネス継続性管理機能を導入して、第三者が関与するビジネスの中止を計画し、準備します。

NAVEX One がどのように第三者リスク管理を改善できるかについて詳しくご覧ください。